電話会議やオンラインセミナーの普及|変わる会議や授業風景

ウーマン

セミナーで得るメリット

ミーティング

ウェビナーの種類と一般的な費用

ウェビナーはウェブ上で行うことができるセミナーであり、大別すると一方向に配信する動画配信型のものと相互コミュニケーションがとれる会議室型のものがあります。ウェブキャストと区別するためにウェビナーはウェブ会議という意味合いで利用することの方が多い傾向にはあるものの、一方向で行われるセミナーの配信という意味合いでも広く用いられます。その制作及び配信費用として典型的なのは、30分程度のもので20万円程度となっています。その内容によって大きく変動し、一方向の配信であれば10万円以下に抑えられる場合もあります。提携する配信サービスによってそのサービス内容や契約可能な配信時間にも違いがあるので、よく吟味して契約することが必要です。

活用により期待できる効果

セミナーを開催するというのは企業にとって多くのメリットがあります。自社の宣伝となるだけでなく、著名人とのコネクションを作ることができる上にそのセミナーを通して自社の社員を教育することができます。また、一般向けとすることで自社が行っている事業内容の周辺知識を一般の人に理解してもらうことができます。それを通して自社のビジネスについての理解を深めてもらうことができるため、最終的に利益につながると期待できるのです。しかし、セミナーの実施には設営等に大きな費用がかかります。ウェビナーはその費用面を解決する手段です。それに加えて、ウェビナーであれば参加者は会場に足を向ける必要なく参加することができるため、会場の大きさに依存する必要がないことに加えて気楽に受講できることから、より多くの人による参加を促すことができるのです。